CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
アフィリエイト広告
楽天市場

ブックオフオンライン ベルメゾンネット DHCオンラインショップ

ウェルネスダイニング





Just MyShop(ジャストシステム)

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

MOBILE
qrcode
<< コニカミノルタ「写真」撤退 | main | ドアを開ける! >>
米国産牛肉、再び禁輸
予想通り、米国産牛肉の管理ミスで吉野家の牛丼が遠のいてしまいました。(涙)

牛海綿状脳症(BSE)対策で除去が除去が義務づけられている牛の脊柱(せきちゅう/背骨)が20日、成田空港で検疫手続き中の米国産牛肉から見つかり、政府は即日、再び米国産の禁輸措置(輸入停止)に踏み切った。


まぁ、もともと米国のメディアでも除去のチェックをしている人が作業中居眠りをしていたとか、報告されていましたし、ルールを守れるのかどうか、疑問視されていたのですが、まさにその通りになりましたねぇ。

それでも、これで良かったのではないかと思います。私たち日本人は、米国牛肉を嫌ってはいません。むしろ積極的に食べたいと思っています。ただし、それは安全であってはじめて食べたいのです。

だって、米国産の牛肉がなかった2年間、焼き肉屋さん以外の人で困った人は少ないんですから・・・。

まぁ、それでも米国から要求されれば、何らかの対応をしなければいけないのが現在の日本の立場ですから、問題が大きくならない段階で話が白紙に戻って、良かったと思います。

なんていゆうんでしょうかぁ、食に限らず、もう日本は安全な国ではありません。それは、よくわかっています。だからこそ少々コストがかかっても、安全を買いたいんですよね。

「政府に責任問題が・・・」とありますが、私は素早く対応したお役所の方々や政府に、1票です。
| Weblog | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://soho.cclick.com/trackback/312426
トラックバック